2009年02月17日

アヂト親子店?@嵐山

【松籟庵】
絶景と嵯峨豆腐と書の癒しの空間

アヂボスのお母様の店やねんけどボスは未だ行ったことないとか?!
親子店っていうか関係あるような、ないような?
20081011163332s.jpg20081011163906s.jpg02.jpg

嵐山、トロッコ列車、渡月橋、桂川、紅葉、竹林、由緒ある建築物…
京都のええ所ばっかりギュッと詰まった気軽な豆腐料理店
紅葉萌える秋と桜薫る春もええけど静寂狙いなら今頃どう?
観光地の喧噪と遠く離れた別世界、ていうかホンマ離れてる
嵐山の奥座敷、ていうか一番奥、吉兆よりさらに奥
桂川にせり出し佇む築120年以上にもなる近衛文麿公の風情ある別邸
建てもんと風景だけでも足はこぶ距離も苦労もなんのその
辿り着いたら森嘉特製やんわりとろける嵯峨豆腐料理のおもてなし
「突き出し、季節の前菜、湯葉揚げ、揚げ出し豆腐、湯豆腐、ご飯と香の物、水物」
お値段手頃にコース3,800円と予約5,000円の2種類のみ、と笑顔0円
俗世に戻りたくなくなるんが問題やねん

20081011164648s.jpg20081011165748s.jpg20081011175348s.jpg


■松籟庵(しょうらいあん)■
〒616-8386京都府京都市右京区嵯峨亀ノ尾町官有地内
075-861-0123 *予約お忘れなく
水曜定休 11:00-17:00(LO16:00) 
http://www.kyoto-okoshiyasu.com/eat/syoraian/
posted by 店長ゆか at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | なるほど | adito
この記事へのコメント
素敵なところですね!

行ってみたいですが、休みが無い〜(^^)
Posted by osteriag at 2009年02月17日 22:18
ほんとに日本人で良かったなあ、って胸をはれる素敵な場所でなんです。
公務で疲れた文磨公もここで癒されてたんでしょうか。
和の堅苦しさもなく、田舎に帰って来たような懐かしい感ぢもしますし。

お豆腐料理も嵯峨ならではのとろける喉越しが優しいんです。
ぜひなんとかお休みをとっちゃって行ってみて下さいね!

Posted by 店長ゆか at 2009年02月18日 03:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26855185
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック